iモード
This page is japanese only!
(since2000.8.20) 
The service site of web translation
仙台牛たん(牛タン)のランキングから「仙台スローライフネット」
仙台の授産施設紹介を紹介しています。
仙台シーク@杜の都サーチエンジン
仙台さーち
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜彫刻「夏の思い出」へ 仙台市定禅寺通りにあります:クリックすると大きな写真になります。
彫刻のある街
夏の思い出
(エミリオ・グレコ)
仙台・牛たん食べ歩き
牛たん
(Cow tongue)
情報
地図で場所を確認してください。
Please check a place with a map.
⇒トップページ
◆ 歴史
  太平洋戦争後、仙台にもGHQが進駐した。
その際、大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために、1948年(昭和23年)、 仙台の焼き鳥店「太助」初代店主・佐野啓四郎氏が、牛タン焼きの専門店を開業したことが 「仙台牛タン」 の始まりである。 佐野氏はタンシチューから着想して、タンを薄い切り身にして塩焼きするという調理法を考案した (米軍の残り物説について仙台牛たん振興会は全面否定しているが、佐野はむしろ公式見解として認めており、 自信のある元祖とイメージダウンを嫌う新規参入業者との間で見解の相違が生じている)。
佐野の牛タン焼きの発明から長らくは、それほど牛タン料理は市民に人気があるわけではなかった。
もともとが外食から生まれた料理であり、家庭で食べられることは殆どない。
むしろ珍味の扱いで、一部の愛好者や酔客が「締め」に食べる程度だった。
やがて高度経済成長期になって、他都市から仙台への転勤族や単身赴任者(仙チョン族)が増えると、 昼食時や夜の街で仙台牛タン焼きの味を知り、仙台赴任からとりわけ東京に戻ったサラリーマンの間で仙台牛タン焼きは評判になった。
また、牛タンの高蛋白質の割に脂肪が少ないことがマスコミ等で紹介され、 ヘルシー志向の人たちのみならず国民全体に牛タンが受け入れられていった。
このような流れに乗って仙台牛タン焼きも有名になっていった。
仙台牛タン焼きは、旅行の一般化によって観光客たちの食べるところとなり、 また、外食の一般化によって仙台市民も食べるところとなったが、最大の転機は、 1991年に始まった牛肉輸入自由化である。
以前は老舗業者くらいしか無かったが、牛肉輸入自由化に伴い安価に材料が入手できるようになり、 ここ10数年の間に新規参入した業者が増えた。
●蕎麦処
そば・地酒の「登喜和」
●魚菜・地酒
魚菜四季「ひょうたん」
●隠れ家的・洋居酒屋
居酒屋「シェ・眞」
●二次会には
バー「ホワイトサクセス」
●塩釜居酒屋
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜りゃん亭のページ
りゃん亭
●観光スポット

仙台城(青葉城)
●地酒販売
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜地酒の店 「カネタケ青木商店」
カネタケ青木商店
バナー広告
募集!
ホームページ
作成します!
申し込み
メール
120×60
●仙台の情報
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜仙台へようこそのぺージへリンク
ようこそ杜の都仙台へ
●バッグの修理
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜バッグ修理の店「タイコヤ」
タイコヤ
●珈琲専門店

珈琲家
●仙台二高同窓会
仙台牛たん(牛タン)のランキング〜仙台二高同窓会のページ